ウェブデザイナーにお勧めする理由

スタイルシートやJavaScriptが、CMSのものと競合しない

ご自身で作成されたHTMLファイルは、様々なスタイルシート(CSS)やJavaScriptが使ってあるかと思います。それをCMSに取り入れる時、CMSのJavaScript(jQuery)のバージョンに影響される、ということを体験したことがあるかもしれません。Novius OSではその心配がありません。管理画面を分離したCMSなので、CMS管理用のJavaScript(jQuery)のバージョンが表示に影響しないように設計されています。またこれはCMS本体のバージョンアップが容易に行える、ということでもあります。

 

ページ毎に異なるテーマを適用できる

Novius OS では、複数のテーマを一度に有効にすることができます。それぞれのページは、複数のテーマが用意されているテンプレートファイルから、どれか一つを選んで有効にします。

それぞれのページが全く異なる見た目を持つウェブサイトを作る場合に役立つのはもちろんですが、それだけではありません。ウェブサイトをリニューアルする時に、少しずつリニューアルしていく、というような場合にも、この仕様が役立ちます。(もちろん一度に変更することもできますが、)旧テーマと新テーマを一度に両方有効にし、1ページずつ変えていくことができます。

 

HTMLファイルからテーマへの変更が簡単

HTMLで作成したファイルを、Novius OS のテーマに変更するのは非常に簡単です。

 

ページタイトルを表示するコード

<?= $title ?>

と、メインのコンテンツを表示するコード

<?= $wysiwyg['content'] ?>

の、2つを記述すればOKです。

 

実際には、ヘッダー部分やフッター部分をパーツ化するためにもう少しコードを使いますが、最低限必要なのはこの2つです。メタタグは、Novius OS が自動的に書き換えしてくれます。

 

 


Novius OS Japan