草加市の葬儀エチケット

草加市での葬儀っての写真

草加市での葬儀って

「葬式」は「お葬式」と「古式」の総称。厳密には、「葬儀」は魂の安息と成仏を祈る儀式であり、「告別式」は故人との別れを告げる儀式です。

葬儀には、葬儀と告別式があるというのがわかりやすいかもしれません。葬儀は、遺族や親族だけでなく、友人や家族が故人との別れを惜しみ、故人のために祈る場でもあります。また、身近な人の死を通して、生死の重要性について理解を深める大切な場所でもあります。

人生の中で当たり前のように受け入れられてきたものの一つに、お通夜と葬儀や告別式があります。私たちはこれらを一緒に考えがちですが、どのような意味があるのか解説します。

通夜とは、遺族や親類が集い、故人と最後の夜を過ごすことです。基本的には朝まで眠らずに故人と一緒に過ごすのが基本ですが、最近では18時頃から1時間程度の半夜のお通夜を行うのが一般的になってきています。昔は死亡確認が大変だったため、丸一晩かけて確認するという現実的な意味合いもあったようですが、今はそうではなくなってきているため、より正式なものになってきています。

このお通夜は、もともとは故人が再び生き返ることを願って行われていた儀式だと言われています。夜中に起きて故人の良いところを語り、復活を願っていたと言われています。

もう一つの説があります。お釈迦様がいなくなった時、多くのお弟子さんが集まって、お釈迦様の教えの思い出を語り合ったと言われています。弟子たちの間には知識や理解にギャップがあったため、故人の話をすることで故人を理解し、忘れていたことを思い出すことができるという考えがあったようです。

告別式は本来、故人の友人や知人が故人に最後のお別れをする儀式でした。そのため、かつては葬儀が終わった後、遺骨を墓地に埋葬する直前に行う儀式と考えられていました。しかし、一緒に行くことが一般的ではなくなったため、葬儀と一緒に行われることが多いようです。

なお葬儀とは、遺族が故人を成仏してもらうために行う儀式のことです。葬儀に参列できなかった知人は、告別式で故人とのお別れをします。葬儀と告別式を合わせて行うことを葬式といいます。

葬儀 草加市