草加市の葬儀エチケット

草加市の葬儀の特色

草加市の葬儀の特色の写真

葬儀は一般的に「葬儀」と呼ばれていますが、正確には「喪中儀礼」と呼ばれ、故人の冥福を祈り、故人との別れを告げる儀式のことを指します。

仏教では葬儀が終わるまで何十年も続く弔いの儀式で、神道では「神幸祭」と呼ばれ、故人の五十回忌や百回忌まで続きます。キリスト教では生贄という概念はなく、葬儀の儀式では葬儀と呼ばれています。 カトリックでは、死後3日目、7日目、30日目、年に一度の死の饗宴、そして10年、20年の終わりに追悼ミサを祝います。プロテスタントでは、死後7日から10日、1ヶ月、1年、3年などの間に帰依記念集会を行うことを帰依の日と呼んでいます。通夜・埋葬・葬儀・告別式は、普段何気なく使っている言葉で、同じ意味になりますが、技術的にはそれぞれ意味が違います。通夜は通常、故人と血縁関係のある人だけが出席します。葬儀とは、故人の魂を死後の世界に送る宗教儀式で、遺族や親族が主宰するホスピス、出棺、通夜、葬儀、告別式、火葬、埋葬、四十九日などがあります。葬儀とは、通夜・埋葬・告別式の総称です。もう少し詳しく言うと、葬儀や告別式で遺族やその親族・友人にお線香をあげてからの告別式の前に行うものです。通常はまとめて葬儀と言いますが、これらに該当することに注意が必要です。