草加市の葬儀エチケット

草加市の葬儀に関する総括

草加市の葬儀に関する総括の写真

現在では、一人一人の事情や価値観が大切にされ、その事情に応じて様々な形の葬儀が存在しています。

都市部で増えてきている家族葬とは、少人数で通夜・葬儀を行い、その後に追悼式を行わない葬儀のことです。家族(2段目以下)、親族、友人、知人など、様々なタイプの「少人数グループ」があります。家族葬は自由度が高く、故人や遺族の意思を尊重してくれるので人気があります。家族葬では、伝統的な共同斎場で見られる大きな白木の祭壇を、故人が選んだ生花に囲まれた棺に入れ替え、正面に香炉を設置しています。故人に幅広い友人がいた場合、家族や友人が後日告別式を行うことがあります。家族葬が増加している背景には、従来の葬儀に対する不満や反発、超高齢化により社会や企業との接点を失った喪主が増えていることなどが考えられます。樹木葬も例外ではなく、最近になって故人の本質への回帰から生まれた新しいタイプの葬儀です。このように、現代でも死者を弔う形は変わってきています。この機会に、ご自身が納得のいく理想の葬儀の形を見つけてみてはいかがでしょうか。高齢化が進む中、葬儀業界に参入する他社も増えてきています。また、葬儀をすべて委託している会社や、ネットワークを利用してチャプレンを送り出す会社もあります。また、葬儀社の中には「片付けサービス」や「遺品整理サービス」などの付加サービスを提供しているところや、各種手続きのための司法書士集団などもあります。葬儀社の営業許可は必要ありません。葬儀のことをほとんど知らない会社もあり、直葬や香典を断るなど、故人の意向を曲げるような悪質な新参者もいます。贈答品や供物の量、通夜や告別式での故人の接待の仕方、葬儀の手続きの理解不足など、遺族に問題があります。このような疑問や不安を解消してくれるプロバイダを探すためには、やはり事前に調べて相談することが大切なようです。