草加市の葬儀エチケット

草加市における葬儀の形態

草加市における葬儀の形態の写真

葬儀については、いろいろな考え方があります。

生前に葬儀社やエンドオブライフプランナーに会って、自分の葬儀の段取りを教えてもらって「自分の葬儀」をする人もいれば、時間やお金をかけずに「自分の葬儀」をしたいだけという人もいます。葬儀で聖書を読まない人や焼香しない人がいるのは、宗教的な儀式をする意味がわからないからです。100人いれば100通りの葬儀の考え方があるのが普通です。あなたとあなたの大切な人のために、どんなお葬式が良いのでしょうか?この質問を考える上での第一歩は、葬儀社のスタイルを理解することです。家族葬やプライベートスタイルの葬儀は、親族や親しい友人・知人のみが参列する形になります。実務書では、自宅葬と個人葬の違いを明確に定義していますが、葬儀の種類を明確に区別しているわけではありません。なぜか誰にも知らされず、家族だけで黙々と行う密葬も自宅葬です。また、社葬や法要の前に遺族だけで行う家族葬を密葬と呼ぶこともあります。遺族の中には、家族葬を家族以外の人を入れない葬儀と考えている人もいますが、参列者数の明確な定義はありません。家族葬の大きな特徴は、ご遺族が故人と最期の時を共に過ごし、温かな雰囲気の中でお別れを告げることができることです。市民葬とは、故人と生前の知人との関係性を重視した葬儀の形態です。参加者は、会社の人、近所の人、学校の人、クラブの人など。慣習や葬儀の手順は地域によって多少異なりますが、一般的には一般的な葬儀と定義されています。公営の葬儀は通夜から始まり、遺族と参列者が一緒に食事をして故人に敬意を表して別れを告げます。通夜の翌日には、故人を偲ぶ葬儀が行われ、家族や参列者が故人とのお別れをする告別式が行われます。葬儀は、告別式の後、合葬式、故人を乗せた霊柩車を火葬場に運び、火葬場で閉会式を行い、遺灰を埋葬するという順序で行われます。1日葬とは、葬儀・葬儀・告別式・火葬を1日で行う通夜なしの葬儀のことです。このタイプの葬儀は、ご遺族が高齢で物理的に立ち会いが必要な場合や、ご遺族が忙しくて平日の休みが取れない場合、他の方のスケジュールに合わせるのが難しい場合に選択されます。また、家族の食費や宿泊費を抑えることができるなど、経済的な理由でこの方法を選択する家庭もあります。近年、遺族や参列者の時間的・経済的負担を軽減するために一日葬が増えていますが、遺族の希望だけで一日葬を行うことはできない場合があります。これは、菩提寺がある場合、一日葬を行うためには菩提寺の許可を得なければならないからです。このお経は、通夜や葬儀・告別式の際に読まれるものです。菩薩によっては一日葬を許さない場合もあることを知っておきましょう。菩提寺がある場合、菩提寺の許可を得ずに葬儀社に一日葬の手配を依頼した場合、菩提寺はお墓に遺体を安置することを拒否することがあります。火葬式は直葬と呼ばれることが多いですが、正式名称は「火葬式」、つまり 「ダビ」です。「だび」とは、仏教用語で火葬や喪中を意味する言葉で、ここでは 「火葬」という意味で使われています。火葬式とは、火葬場の炉の前に遺族が集まり、10分ほど短いお別れの挨拶をした後、すぐに故人を火葬する埋葬方法です。火葬場で神父さんにロザリオを言ってもらうと、火葬場でもロザリオを言ってくれます。火葬式は通夜や告別式の必要がなく、食費や往復の交通費、葬儀場の利用料などが不要なため、自宅や特別葬儀場から火葬場まで直接行う最も安価な葬儀形式です。自然葬とは、自然葬、海洋葬、宇宙葬、バルーン葬など、雑誌やインターネットで見たことがある言葉です。これらはすべて散骨の形をしています。散骨とは、故人を自然に還すという考えのもとに行われている古来の葬儀です。散骨の場所は、海(外洋)、山(公認)、大気圏外です。大気圏外に出るために、骨をカプセルなどの容器に入れ、ロケットや気球で打ち上げます。しかし、骨は指定された場所にしか散らばっていません。また、遺骨をそのまま地面に散骨するのも墓地埋蔵法違反です。遺骨を散骨するためには、遺骨を粉々に砕く必要があります。散骨には様々な決まりがありますので、散骨する場合は葬儀社や専門業者に相談することが大切です。