草加市の葬儀エチケット

葬儀の作法

葬儀の作法の写真

お線香は、線香やお花の代わりに故人の霊前で供養します。

香典の金額は、故人とのお付き合いを基準にしています。故人との関係が近ければ近いほど、お供えする香典の量は多くなりますが、お供えする香典の量は、ご自身の年齢や葬儀の規模、故人のお名前など、様々な要素を考慮して決めるようにしましょう。お香典を準備する際に最も重要なことの一つは、お香典包みに包まれたお金で狂わないようにすることです。遺族が香典返しを用意しなければならないということであり、遺族は香典返しを香典返しの礼儀作法の一環として考えなければなりません。お香典を包む袋には、水引が直接プリントされたシンプルなものから、高級感のあるものまで様々な種類があります。バッグは自分のお小遣いレベルに合ったものを。コンビニでも購入できますが、結婚式と違って死は突然のことなので、何種類かのバッグを手元に置いておくと、一緒にお通夜に参列する人と一緒に故人の葬儀の準備がしやすくなります。ご祝儀袋ではないバッグにはカバーが必要です。死亡宣告を受け、故人の宗教や宗派を尋ねることができれば、それに応じて無祝儀袋を用意することができます。しかし、宗教を知らない人は、故人の悟りを開く前に、すべての宗教のために一つ用意しておきましょう。故人が浄土真宗だったことがわかっている場合は、どの宗教にも対応している「御霊前」を用意しましょう。これは、浄土真宗では人は死ぬとすぐに仏になると考えられているため、お通夜のお線香も「御霊禅」ではなく「御仏禅」となっています。故人の宗教が仏教であることがわかっていても、故人の宗派がわからない場合は、どの宗派にも対応できる「お線香」を用意しておきましょう。キリスト教式の場合は「大花」、神道式の場合は「五里ちゃん」とします。封筒にも名前が書かれている必要があります。名前は薄墨のペンか筆で書きます。硯や筆を使って墨を研いでいた時代には、人の死を聞くと、涙が落ちるから墨が薄いという意味で薄墨で封筒を用意していたとか、緊急で現場に行かなければならなくて墨を濃くする時間がなかったとか硯や筆を使う機会は少ないので、弔事の際に使用する薄墨の筆を用意しておくと良いでしょう。お金は礼儀作法である香典に使うものです。新札(展開札)は、お香典には使用しないでください。その理由は、故人の死に備えているという印象を与えるためです。しかし、これは中古札が良いという意味ではありません。お札は折り目が多すぎて見苦しく、礼儀を欠いています。手元に新札しかない場合は、一度折ってから使うようにしましょう。お金に関しては、新札を使わないというマナーはさておき、お札を入れることも重要です。手形をどのように置くかについては、正式なルールはありません。準備ができたら、福袋にお金を包んでおきましょう。お金を袱紗に包んで葬儀に持参するのが正しいマナーです。福島は慶事用と葬儀用に分かれています。福袋には暖色系の色を、弔事用には寒色系の色を使うことができます。でも、どちらにも紫を使うことができます。袋状にして袱紗袋をそのままにしてもいいですが、黒石タイプの袱紗の包み方も見せてください。フクサの肉球部分は、中央から右に向かって左側に配置してください。フクシアの右側、下側、上側、左側を折り、最後に前足で固定します。ここで注意したいのは、結婚式などのお祝いの際の包み方が逆になっていることです。